お知らせ

2021/09/06

ご飯のお供はこれじゃけ

瀬戸内海は四方を山々で囲まれた内海。
そのため、山からの豊富な栄養分を含んだ川が
流れ込んできます。

流れ込んた養分は、海峡近くの深海に長くたまり
そこにプランクトンが発生。

そのプランクトンが魚のエサとなるため
美味しい海の幸ができる、豊富な漁業を形成しています。





そんな海の幸で広島が誇るひとつに
呉市の倉橋島音戸地区の名産品「ちりめん」があります。

 



瀬戸内海の潮の香りが食欲をそそる「ちりめん」は
ご飯がすすむオススメのお供です。

まもなく新米の季節。

 


「ちりめん」はもちろん、
「瀬戸内のひじき」を使用したふりかけ、「焼海苔」
など、TAUではごはんのお供を多数ご紹介しております。

 
倉橋島のちりめん 180g 

ちりめん網元が丁寧に仕上げた極上ちりめん。
穏やかな瀬戸内で育った繊細なちりめんを鮮度を守るため漁場から一網ごとに工場に直送しています。

詳しくはこちら

倉橋島ちりめん・子持ちこんにゃく・花ソーセージのセット


スタッフいちおしのグルメセット。食卓に広島のおいしさが広がります。

くわしくはこちらから

瀬戸内のいぶき「辛子明太子とひじき」


ソフトふりかけ」の新シリーズ。辛子明太子の辛味がアクセント、うまみ・コク・香りの3拍子がそろっています。

詳しくはこちらから

音戸産 広島産焼海苔5枚入


広島県福山市内海町田島産の海苔を使用。色艶も香りも良く、ぱりっとした食感が楽しめます
他にもおすすめのご飯のお供はたくさん。

詳しくはこちらから

455view

次へ リストを見る